子犬の時には、どんなワンちゃんも当たり前のように飲む“お乳”ですが、「犬に牛乳を与えてはいけない」ってよく言いますよね。いったいどうしてなのでしょうか?牛乳は、カルシウムをはじめとする、たくさんの栄養素が含まれる食品。基本的には、与えても大丈夫です。 犬に人間用のゼリーを食べさせても基本的に大丈夫です! 人間用のゼリーには、砂糖やゼラチンだけでなく、人工甘味料や塩分、フルーツなどいろいろな食材や調味料が入っています。 しかし、犬に人間用のゼリーを少量であれば与えても、問題はありません。 「犬に人間用の牛乳を飲ませてはいけない!」と言われていますが、それは本当でしょうか? また、犬に牛乳を与えると下痢(げり)になったり、アレルギーの可能性はあるのでしょうか?愛犬のためにここで牛乳に関する正しい知識を身につけましょう! 犬のゼリー状のウンチってどんな状態? これは「粘液便」とよばれるもので、大便に粘液が付着していたり、または便は出なくても粘液だけ排出されるような状態をいいます。 犬にミルクと言うと、なんとなく定番の飲み物なイメージですよね。 愛犬に牛乳を与えたことがあるという方も少なくないのではないでしょうか。 筆者も初代のワンちゃんが赤ちゃんの時、よく温めた牛乳を与えていました。 しかし、牛乳は栄養満点な一方で思わぬ危険が潜んでいます。 犬に牛乳を飲ませるのは危険ということが意外と認識されていないのではないでしょうか?「少しくらいなら大丈夫」「うちの子なら平気」と、簡単に考えている方に、牛乳を与える事の意味について、私の実体験を交えながら解説したいと思います。