Macの「写真(旧iPhoto)」アプリで、写真データを外付けHDDなどに移動して本体の容量を確保する方法をご紹介します。. iPhone・MacなどApple製品同士で使えるAirDrop、写真や動画データ・コンテンツの送受信が簡単便利 . AirDropで送信された写真はまず日付とともにプレビューされるため、問題は起こりにくいのですが、日付の確認を怠ると行方不明になりがちです。 iPhoneやiPadだけではなく、MacでもAirDropを通じて写真や動画などのファイルを近くにいるAppleデバイスに送信できます。本記事はAirDropを有効に設定する方法、検出可能な対象の設定方法と共有方法 … Mac本体のストレージを圧迫させないために写真データをどう保管したらよいか?ここではMacの「写真」ライブラリを外付けHDDに移動するメリットとデメリット。そして実際にMacの「写真」ライブラリを外付けHDDに移動する方法について解説画面つきで紹介いたします。 Macの写真アプリの保存場所はどこなのか解説いたします。Macの写真アプリの写真の保存先は一見すると分かりづらいです。しかしFinderからでも保存先のフォルダを開くことが可能です。写真アプリの写真をコピーしたい場合は写真アプリの書き出しの機能を使いましょう。 Mac ではそこは見えないようになっているからだ。 ということで、手動でどこか別のディレクトリへ「写真.app」のオリジナル写真をまるごとコピーして集める必要がある。 まずは「写真.app」のオリジナルの写真の保存場所はどこだろう?と探す。 保存先を変更したい場合には、この「保存先:」のプルダウンメニューを表示して任意の場所に指定することができます。 これで設定は完了です。 「 ⌘(command)+S 」またはメニューバー[ ファイル ]→[ 保存 ]で作成したドキュメントに名前(「AirDrop」とか)をつけて保存します。 iPhoneで撮影した写真をMacに送る方法はいくつかあります。その中でも、非常に簡単にiPhoneとMacの設定だけで送る方法をAirDropと言います。この記事では、AirDropとはどういった機能なのかや設定方法や、使用できない時の対処法の紹介をします。 AirDropで受信したファイルは、「ダウンロード」フォルダに保存される。保存先が1カ所にまとまっているので、とてもわかりやすい。 MacのAirDrop AirDropの受け入れ先は、インストールされているアプリの種類によるみたいですね。 受け入れ可能なアプリが複数あれば、受け入れ先をどこにするかを訊いてきます。 全てのフォルダなので、アプリの保存場所から、写真や作成した書類など、全てこのFinderに保存がされています。 すべてのフォルダにアクセスしやすい. iPhoneで撮影した写真をMacに送る方法はいくつかあります。その中でも、非常に簡単にiPhoneとMacの設定だけで送る方法をAirDropと言います。この記事では、AirDropとはどういった機能なのかや設定方法や、使用できない時の対処法の紹介をします。 最初はAirDropの保存先を変更する方法を調べましたが、なかなかに面倒そう。「Automator」アプリとサードパーティのアドオンを使って実現する方法を、先達の方が解説してくださっています。 外部リンク:【AirDrop】Macのデフォルトの保存先をカスタマイズ、設定する方法 . AirDropで受信したファイルは、「ダウンロード」フォルダに保存される。保存先が1カ所にまとまっているので、とてもわかりやすい。 MacのAirDrop iPhoneやiPadなどのiOSデバイスでは、写真や連絡先の共有に『AirDrop(エアードロップ)』と呼ばれる機能を使うことができます。 この記事では、エアードロップの基本的な使い方や、コンテンツが共有できない時の対処方法について紹介しています。 . iPhoneからMacに写真を保存することができました。 関連記事:MacBook Pro 2017 縦置きPCスタンドはコタツ族の救世主! まとめ. サブマシンとしてMacbookAirを使っているのですが、もうかれこれ3年ほど使っていると、いい加減保存容量が苦しくなってきました。 MacにiPhoneの写真データを保存・取り込む方法が分からない...iPhoneの容量が写真データでいっぱいで困っている...そんな方向けに、iPhoneの写真データをUSB&AirDropで転送する手順を画像付きで分かりやすく解説します。 スマホで撮影したスクリーンショットや写真などをブログで公開したい場合、またはPCやMacで保存した写真やファイルをスマホで閲覧したい場合があります。 macOS(MacBook、iMacなど)、iOSデバイス(iPhone、iPadなど)の場合、AirDropと呼ばれる機能を使用することにより、簡単に AirDropの受け入れ先は、インストールされているアプリの種類によるみたいですね。 受け入れ可能なアプリが複数あれば、受け入れ先をどこにするかを訊いてきます。 いかがでしたか。 AirDrop は写真を数枚 MacBook Pro に保存する場合は非常に便利です。 たとえば、ブログで使用するアイキャッチ画像を iPhone で撮影して MacBook Pro に保存 … AirDropの保存先はデフォルト、ダウンロードフォルダですが、これを変更する方法があるようです。以下参照ください。 以下参照ください。 moshbox モリダイ. AndroidからMacに写真を送る時、どのようにしていますか?例えば、Androidでスクショを撮って、Macで使うことがありますよね?iPhoneからMacに写真を送る場合、AirDropでもいいし、Wi-Fi環境にいるならマイフォトス Macの写真アプリの保存場所はどこなのか解説いたします。Macの写真アプリの写真の保存先は一見すると分かりづらいです。しかしFinderからでも保存先のフォルダを開くことが可能です。写真アプリの写真をコピーしたい場合は写真アプリの書き出しの機能を使いましょう。 iPadを使ったAirDropでは様々なデータを受信できますが、保存先は受信したものと同じ属性の場所に保存されます。写真や画像が送られてきた場合ならば初期アプリである写真へ保存されます。iPadを使ったAirDropの基本的な使い方は以上です。 「AirDrop:連絡先 ... ここではiPhoneとMacが見つかりました。iPhoneに送信するためタップします。 こちらは写真を受信したい人のiPhoneです。AirDropで写真が共有された旨のメッセージが表示されています。[受け入れる]をタップすると、カメラロールに保存されます。 写真をメールなどに添付するよ … ④保存されたコンテンツについてはダウンロードフォルダに保存されます。 Macの場合にはAirDropを開くと「このMacを検出可能な相手」という青字の項目があり「全員」「連絡先のみ」「なし」から選ぶ事ができます。 選択肢の詳細については下記の通りです。